NVIDIA Vista Ready を刷新!一部下位を除外

投稿日:

Drivers Vista
2 つ目のデスクトップには x64 をと思いインストールしてから気づいたのですが往年の名機 GeForce FX 5700LE がサポートから外されている!

Windows Vista デフォルトの WDDM ドライバは適用されているのですが先日リリースされた RTM 用ドライバがインストールできなくなっていますね。
同時に Ultimate のパフォーマンススコアも適用から外されてしまってました。

Longhorn 時代から Vista Ready ギリギリのラインは FX5 系と見ていたのですが US でなく co.jp のリリースノートを見て確認しました。 US のこのページや PDF リリースノートでは有効になっているのですが・・・グラフィックメモリ 128 MB ではやっぱり限界ありかな。

エアロは有効になっているのですがメディアセンターなどを考えたり新ドライバをスルーする!ということだけはできないのでサブマシンのグラボも刷新しようかと考えちゅう。

でも PCI-E がなく AGP なので値が張るんだよな。よい機会なので先日手ごろな価格で出ていた Radeon X1600PRO/GDDR2/512MB をテストしてみたいかも。

もちろん PC 関連のお買い物は「ほしいときが買い時!」という鉄則があり、どんなに発達しようが未だ限界があるとは思っていません。

ぶちゃーけていってしまえば各ベンダー様もシステム要件は

モダン PC , モダンドライブ速度”

などとしたいのが本音でしょう。ただ Ultimate をメインで使用されるならグラフィック専用メモリを 512 MB 以上は確保したい!といっちゃいましょう(汗