« JekyllをEmailからパブリッシュできるBegemot | Home | テックのレジェンド逝く »

2016年3月17日

Visual Studio Codeに日本語化の兆し

一般的なプロダクトでは珍しい正式版(Stable)とプレビュー版(Insiders)の共存利用。

Visual Studio Code(以下 vscode)はそれを干渉なしに実現する稀有なプロダクトなのです。

(余談:正式版のアイコンは青、Insiders版では のアイコンで表示してくれるというなんとも幸せな演出も。)

さておき半月ぶりにInsiders版を起動してみると早速Updateバナーが舞い降りました。

リスタートして更新を適用するとなんとメニューが日本語化されていたのです。一般的なユーザーは母国語インターフェースが実現されないとなかなか試用に至らないことが多く日本マイクロソフト(ディベロップメント)も黎明期よりそれを理解、実現してきた背景があります。vsチームの気合の入り方が伺えますね。

-- 取り急ぎご報告まで

vscode insiders march

See what is new in the Visual Studio Code March Release (0.10.12)

プラン詳細 : March Iteration Plan on GitHub

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2016年3月17日 15:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「JekyllをEmailからパブリッシュできるBegemot」です。

次の記事は「テックのレジェンド逝く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。