« Adobe Flash Player 11 RC and AIR 3 RC in labs | Home | 日経SYSTEMS 10月号 »

2011年9月 8日

Firefox 最新版?アドオン マネージャはいいじゃない。アイロニーを具現していて。

高サイクル リリースが続くにつれユーザー離れが加速している気がする Firefox 。

Mozilla の中での Firefox へのパッションは決して薄れていないだけに、このジレンマ(または放つアイロニー)に歯がゆさを感じるユーザーは多いのではないか。

個人的には NPAPI 云々などの難しい話は置いておきレガシーなアドオン Web をまるごと統合しちゃったアドオンマネージャにとっても魅力を感じている。

about:addons


細かいフィーチャーだが User Scripts に委ねて欲しくない Final (最終版)への破片を幾つか挙げておきたい。
これさえ補完できればアドオンマネージャは Firefox というモンスターにとって申し分のないサイドアームといえるのだから・・・。

  • アドオンマネージャを開いた時のフォーカス
なぜ左ペインの一番上に”アドオン入手”というアイテムが存在するのか?
・・・わからない。まったくもって謎でありワックな事象だ。サーベイを採るまでもない、ユーザー エクスペリエンスを無視した暴挙である。

  • 最近の更新という歓迎すべきニューカマー(またはニューバイ)タブ
将来性あふれる新生児。
急務であるリストの数を指定可能にし、おぼえめでたく元服を迎えたい。

  • 通知 (Notifier)
直前項目と矛盾しているようだがそれは誤りだ。
最近の更新タブは確認作業を行うフィールド気づきがなければ展開する必要のないタブである。

気づきを発生させるのがここで言う通知である。
可能であれば growl と連携させるべきだが Firefox 固有の点滅ボタンで構わない。

マナーとして絶対必要なアイテムだ。

   以上

数年来共に生活している Firefox は私にとっての OS である。
Web コーディングにおける確認用ブラウザーになってしまってはそれは無念でありオペレーションの頓挫から我が諸行は上梓困難に陥てしまうだろう。

addon_manager.jpg
なんちゃって。できるだけがんばってください。

 随 barlog (小生)大輔

コメント(3)

・アドオンマネージャを開いた時のフォーカス
(プロファイルでの)初回起動時などは一番上位に存在するアドオンを入手になってしまいますが,次回からは直前に開いていたタブ(というのかな)になる(か,バージョンアップ後などはどこにもフォーカスがない状態に・・・)のでそれほど問題ないのでは?

・通知 (Notifier)
アドオンマネージャーで自己完結していませんが,Addon Update Checkerというアドオンを導入して定期的にチェックするように設定すると,バージョンアップしたアドオンがあると「更新可能なアドオン」とかいうようなタブでアドオンマネージャーが開きました。
このように補完しうるアドオンが開発され,公開されるのもまたAMO(addons.mozilla.org)の良い点かも・・・(^_^;)

@Ivarn (Twitter)

Ivarn さん
どもども。

>フォーカス
実は・・・
それほど問題ないですww
というか久々にブロギングしたせいか、いささか強硬姿勢な文章にしてしまいました。

ただ唸らせるアプリケーションには”前回開いていたタブで画面を開く”的なオプションは存在しますね。
(要望の1つとして書けば良かった><)

>通知
少しズれてしまいますが、タブをひらっきぱなし(最近更新されたアドオン)で本記事を書いていたらいつの間にかグリモンが(リアルタイム)更新されていました。これには目を見張ったものの”再起動後に有効になります”という緑字表示での変化のみだったため余計に「勿体無いな」通知が欲しいと思った次第です!

ではでは

すいません。補足です。

AMO の活性化は歓迎ですね!
加えて履歴クリーナーなど 3rd パーティへの活性にもつながるかもしれませんし。

Firefox GURU からのご意見に感謝でした :)

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2011年9月 8日 11:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Adobe Flash Player 11 RC and AIR 3 RC in labs」です。

次の記事は「日経SYSTEMS 10月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。