« [i18n]Maxthon 3.1.1.1000 日本語化 | Home | Google Code Prettify 2011 Jun 1st 版がでてた »

2011年6月 9日

ファイターズ アンケージ レビュー

ファイターズ アンケージ

震災の影響で発売が延期されたキネクト専用格闘技ゲームです。

ここにきてようやくキネクトの本質を楽しめるタイトルが充実してきたように思えます。

このゲームは体全体を使ってエクササイズさながら汗をかくゲームです。

家族の目など気にせずチュートリアルから全身をぶんぶり回して大声をあげ必殺技を繰り出していきましょうw

[キネクト タイトル共通雑感]

肝心な内容ですが格ゲーで育ってきた世代であろうとなかろうと現時点では語るにナンセンスだと思います。

ただ私が描いた未来が実現した感は多分にあります。 SEGA はAM 2 研の初代バーチャファイターがリリースされ、 2.1 で遠征するほどはまった時、私は歌舞伎町のゲーセンでよなよな思ったものです。

 「あ”ー、台湾ダッシュ マスターできねー><体にセンサー付けてやりたくね?!」

と。

とはいえこれからキネクトをはじめるユーザーにとっては最適な体感コンテンツだと言えるので是非お手にとって(?)楽しんでみてください。

もうひとつ、広い部屋が必要です。導入前に大掃除が必要ですね。いいことです。

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2011年6月 9日 23:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「[i18n]Maxthon 3.1.1.1000 日本語化」です。

次の記事は「Google Code Prettify 2011 Jun 1st 版がでてた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。