« Dropbox が日本語含む五ヶ国語に対応したインターフェイスをテスト中 | Home | barlog の (日本語化) ロードマップ 2010 »

2010年12月22日

Secunia PSI 2.0 リリースと日本語化

secunia-psi-2-0-0-1003.jpg自分が barlog を開設して以来、類を見ないほど担当するアプリケーションの日本語化をおまたせしてしまっていて恐縮しきりなのですが・・・。
自分への todo を兼ねて言い訳(?)とこれからの予定を発表させていただきたく思います。

barlog のロードマップ 2010

そんな折 Secunia 社の脆弱性リスト/診断ツールのバージョン 2.0 がリリースされ間もなく(今月末より)翻訳の着手に入ることをお伝えいたします。

重要
20101222 時点の最新版では起動時にフリーズするバグが修正されています。
ご利用になる場合は最新版をダウンロードして下さい。


Secunia PSI 2.0.0.1003

Secunia PSI の簡単なオーバービュー

インストール後起動するとローカルドライブをスキャンしてインストールされているアプリケーションすべて(ポータブルも含みます)をリストし Secunia のサーバーと照らし合わせ未パッチのアプリケーションがあればアップデートを促します。
つまりレイテスト バージョン管理ツールとしても非常に有用です。

Secunia PSI 2.0 API を利用して新しい何かを創造しよう

2.0 の目玉フィーチャーはずばり api です。
以下スクリーンにありますように Setting → api にてトークンを取得することでスキャン結果を再利用可能な xml (または各フォーマット)で発行します。
Secunia ではこれを利用してコンシューマが Twitter, Facebook, LinkedIn などの各ソーシャルメディアとの連携を図られることを期待しているようです。

Secunia PSI 2.0 api
Personal Software Inspector (PSI) 2.0
API token の取得

create-psi-api-token.jpg

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2010年12月22日 22:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Dropbox が日本語含む五ヶ国語に対応したインターフェイスをテスト中」です。

次の記事は「 barlog の (日本語化) ロードマップ 2010」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。