« Google 翻訳のイースター エッグ(ビートボックス編) | Home | Secunia PSI 2.0 リリースと日本語化 »

2010年12月19日

Dropbox が日本語含む五ヶ国語に対応したインターフェイスをテスト中

dropbox-ja-jp.jpgDropbox - ファイル - Online backup, file sync, and sharing made easy.

クライアントが一段落したからか国際化には程遠いと感じていた(いわゆる flickr, delicious スタンスだと思ってました) Dropbox の多言語インターフェイスがベータサイトでテストされています。

サイト アドレスは以下のとおりで右下のドロップダウンから言語を変更できます。

https://www.dropbox.com/lorem_ipsum


月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2010年12月19日 05:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Google 翻訳のイースター エッグ(ビートボックス編)」です。

次の記事は「Secunia PSI 2.0 リリースと日本語化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。