« FlashDevelop 3.3.0 RTM と AS Code Coverage Plug-in for Flash Builder | Home | [i18n] Classic Shell 2.9.0 Japanese お待ちください>< »

2010年10月30日

Evernote 4 for Windows リリースおめでとうございます。

今までとは全く違う Evernote 4 for Windows ( barlog - Evernote for Windows v4 にタッチ )が正式リリースとなったようです。
おめでとうございます。
最初から作り直しました
Evernote 4は今までのEvernote 3.5とは全く違います。
Evernote 3.5もたくさんの良い機能を持っていましたが、どうしてもそのままでは直せない問題がありました。
ぼやけたフォント、起動時間の長さ、起動時のメモ リー使用量、特定のグラフィックカードとの相性の悪さ等の問題は3.5が使っているWindows .netとWPFのためになかなか改善する事ができませんでした。
皆様がよりEvernoteを便利に使って頂けるような新機能を追加する前に、改善作業ばかりに追われていました。
なので、もっと早く動く、信頼できるC++で最初から作り直す決心をしました。
使って頂くと分かると思いますが、すばらしい出来映えになりました。
この新しいバージョンがこれから新しい機能などを追加していく基盤になります。

フォントキャッシュの問題 アディオース! ようこそ! C++ ++ (謎)ですよ!

Evernote クライアントにおいて機動力こそプライマリ!
これに尽きます!
この大英断は今後 Windows Client の拡張性を高めるモノであると確信しております。

もうしたいときにできなきゃ意味のない時代は訪れているのですから。

加えて EvernoteClipper.exe をバックグラウンドにてロンチさせたことも軽量化に拍車をかけており、将来性溢れる魅力的なクライアントとなっています。

・現時点 (2010 年 10 月 30 日 18:00) 正式版としてリリースされている 4.0.0.2880 (107102) Public は formerly 3.5.x との両立ができません。両立可能なプレビュー バージョンとして 4.0.1.2912 beta ( http://forum.evernote.com/phpbb/viewtopic.php?f=55&t=19685&p=82214#p82198 ) がプレ リリースされております。

ご指摘を頂き恐縮ですが、私は v4 の翻訳に参加しておりません。
納得のいかないまま、フォルダをフォルダとタイプすること 3 年余り。からだは正直ですね><

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2010年10月30日 16:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「FlashDevelop 3.3.0 RTM と AS Code Coverage Plug-in for Flash Builder」です。

次の記事は「[i18n] Classic Shell 2.9.0 Japanese お待ちください><」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。