« Live Mesh がベース機能で Mac, グローバライズ対応 | Home | 31st »

2008年10月31日

Vista SP2 (6002)が準備中、間もなく利用可能に。

6002 かー。

First Vista SP2 and Server 2008 SP2 beta build sent out

ソースは ars technica より。

コネクトをチェックしたらスレッドだけ確かに作成されていました。

ビルド詳細です。

Windows Vista, Windows Server 2008 (x86, x64) ともに

Service Pack 2 build v6002-16497 コンパイル日 October 17

言語は org 5
English, German, French, Spanish, と Japanese

バルマーさんが(天然的に)仰有ったこともありユーザーや企業がどういった道筋で環境構築していけばよいか混沌としてきてますが我々の望むべき信頼・互換性に沿ったサービスパックである。
これだけははっきりとといえるでしょう。

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2008年10月31日 20:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Live Mesh がベース機能で Mac, グローバライズ対応」です。

次の記事は「31st」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。