« 26th - Maxthon ja Refreshed | Home | Congrats and Bless you Luck ! »

2008年3月26日

ローカライザや開発者さんは必見のガイドがリリース

とあるプロジェクトを通して 2010 年頃を目処にソフトウェアローカライズをターゲットとしたホワイトペーパー編纂とりまとめ依頼を頂戴したのが昨年のこと。
実質取りかかるのはまだ先のことなのですがソフトウェアおよび GUI における日本語の体裁、仕様、指針などを定義しておこうといったものです。

そのコアに不可欠な参考文献となるであろう Language Excellence Style Guides - 日本語 の初版が .chm 形式でリリースされました。

たとえば私は極力 Cancel を キャンセル と訳すように心がけていますがそういった固有のコンピュータ用語で推奨される表記などあらゆるスタイルガイドがとりまとめられております。

以下のよう、と記した方がはやいかな?

・ ○ ダイアログ, × ダイヤログ
・ 半角全角間のスペース(前後フィードバックを意識し外来語句も区別)
・ ショートカット・アクセスキーの定義
・ レジストリの表記
・ 製品名称の統一 ○ 2007 Microsoft Office System, × Office 2007
・ エスケープやプレースホルダ ( %s など )の表記

ヘルプファイルの作成やフォーマルなドキュメント作成を行う際に、とっても役立つガイドになるでしょう。
是非ご覧ください。

Language Excellence Style Guides - 日本語 1.0 ( free ja )

Language Excellence Style Guides - 日本語

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2008年3月26日 22:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「26th - Maxthon ja Refreshed」です。

次の記事は「Congrats and Bless you Luck !」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。