« コードネーム Rome | Home | Windows XP SP3 Refresh ! »

2008年2月 5日

体感できてこそ改善といえる- Inside Vista SP1 File Copy Improvements

SP1 で改善されたフィーチャーの中で、もっとも変化を体感できる改善点がファイルコピーである。
とお馴染み Sysinternals の Mark は語る。

Inside Vista SP1 File Copy Improvements

毎回、理論に裏付けられたマークの解説は興味深く拝見させていただいてますが今回もまた熱いです。

より強化された”以前のバージョンに復元”のロジックや I/O 、非 I/O キャッシュの仕組みなどを彼の作品であるプロセスモニターを使って事細かに検証してあります。

基幹となる API は CopyFileEx API より全体の概要は Notable changes in Windows Vista SP1 でご確認いただけますので併せてどうぞ。

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2008年2月 5日 13:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コードネーム Rome」です。

次の記事は「Windows XP SP3 Refresh !」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。