« 2k7-08-14 ATI | Home | 2k7-08-16 »

2007年8月15日

[月例] KB935807(80070002) についての修正と解説

日付が変わり Vista x86 では計 4 件の更新がリリースされました。

加えて先月かなりのユーザーが混乱に陥った KB935807 の 0x80070002 エラー問題

結局様々な対処法を模索してきましたが TechNet フォーラムで書いたように原因は至ってシンプル

md %windir%\system32\logfiles\firewall

このフォルダを作成することで殆どの方が解決に至りました。
これに関して上記を記した KB のリビジョンとパッチがそれぞれ 2.0 に更新されました。

Windows Vista 用セキュリティ更新プログラム v2 KB935807
MS 07-038 : Windows Vista ファイアウォールの脆弱性により、情報漏えいが起こる


既知の問題
このセキュリティ更新プログラムを適用するときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

Security Update for Windows Vista (KB935807) インストールの状態: 失敗 エラーの詳細: コード 80070002

さらに、このセキュリティ更新プログラムのインストール後に、以下の現象が発生することもあります。

• コンピュータが 2 回再起動されます。
• Windows Update Web サイトにアクセスすると、このセキュリティ更新プログラムが再度提供されます。

これらの現象は、\LogFiles\Firewall フォルダが存在しないか、破損している場合に発生する可能性があります。

この問題を解決するには、状況に応じて次のいずれかの方法を使用します。その後、このセキュリティ更新プログラムをインストールし、コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示されたらコンピュータを再起動します

方法 1 : Windows Vista (x86 ベース)
1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にクリックします。[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
2. コマンド プロンプトで、\LogFiles\Firewall フォルダを作成します。たとえば次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
md %windir%\system32\logfiles\firewall
3. コマンド プロンプトで exit と入力し、Enter キーを押します。

方法 2 : Windows Vista (64 ビット版)

1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にクリックします。[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
2. コマンド プロンプトで、\LogFiles\Firewall フォルダを作成します。たとえば次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。

md %windir%\system32\logfiles\firewall
md %windir%\syswow64\logfiles\firewall

3. コマンド プロンプトで exit と入力し、Enter キーを押します。

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2007年8月15日 00:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「2k7-08-14 ATI」です。

次の記事は「2k7-08-16」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。