« 誤変換情報の収集にご協力を | Home | 12/10 Intelli for Vista JAJP »

2006年12月 8日

ウイルスバスター2007(XP/Vista対応) ベータ版 のインストール

Symantec NAV2k7.2 を一旦削除して早速入れてみましたがインストーラが自己解凍後に落ちる。FAQ ページを見に行ったら一番下にひっそりとありました。

互換モードでしかインストールできないというのは、なんか元も子もない気がしますが、これはセットアップ時だけですので・・・ OS 側も UAC を含めた管理権限の取得方法を若干緩和できればよいのですがね。

FAQ ページには RC1 で発生するとあったのですが RTM でも発生していますのでお役立てください。

ウィルスバスターの製品自体、私的には素晴らしく感じているので細かい部分ですが説明部分をフレンドリーに補足していただけるということないですね。
特に 2007 では激しく UI に気を配ら(ファイアウォールのプロファイルでアイコンを選択可能)ているようで、とてもフレンドリー。

インストールのコツ?
基本的には VB2007V1.exe を”管理者として実行”にてローンチしても起動りません。
通常はセットアッププログラムを起動すれば一時フォルダに中身を解凍し、そこから Setup.exe をローンチします。
Vista RTM では解凍した時点で作業がストップしてしまいますので手動で VB2007V1.exe を起動時に指定したフォルダ(デフォルトでは D:\Program Files\Trend Micro\VB2007_1530_1073\Setup )へ迎えにいき Setup.exe を起動します。
ですが、起動するだけでは始まりません。ファイル右クリックしてプロパティを開きを互換性タブにある互換性モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れて XP フェイクで実行します。

VB2k7 GOKAN

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2006年12月 8日 07:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「誤変換情報の収集にご協力を」です。

次の記事は「12/10 Intelli for Vista JAJP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。