« Zune 2 Zune は受け入れられるのか? | Home | Google 2.0 - searchmash が更新 »

2006年11月 6日

Vista の仮ライセンシングについて

あくまで草稿段階てことで触れるのはどうか?と思っていたのですが CNet さんにて
マイクロソフト、Vistaの移管回数制限で譲歩
翻訳記事がポストされていましたので詳しくはそちらを。(仮に EULA がリリースされたとしても RTM が対象で日本市場ではさらに変更される余地があることにご留意いただきたい。)

事の発端は Vista Team の Blog のポストが炎上したこと。
Nick 氏は「多くのエンスージア( コアな PC ユーザー、ここではテストをしてくれたすべてのユーザーも指している)に対し心配をおかけした。」 としている。

今後の行方としては Virtulization として利用する場合の複雑なリテールライセンシングも関わるため慎重に見ていく必要があるでしょう。

私も初め聞いたとき「オイオイ、何を言っちゃっちゃってるんだ?」と思わなくもなかったですが(汗

全体的な強行定義として「パイレーツ(海賊行為)に対する牽制」を明確に示したかったのだと察する。

少しうがった見方をすれば、炎上することを覚悟でマイクロソフト社にして珍しい?柔軟さを示したかったといえるかもしれない。。。(実際テストに参加したエンスージアを思いやるポストは不快感を和らげる働きを見せている。)

まあ、市場の規模に反して日本のユーザーは海賊行為が少ないという誇り高い結果も出ておりますので日本での EULA もそれ相応の結果になることでしょう。

トラックバック(1)

Windows vista は海賊版や不正利用を防ぐためにvistaのライセンスを別のコンピュータに移管する回数は制限すると発表されていましたが、マイクロ... 続きを読む

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2006年11月 6日 13:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Zune 2 Zune は受け入れられるのか?」です。

次の記事は「Google 2.0 - searchmash が更新」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。