« ソフトイーサ登さんと及川さんの対談 | Home | MVP »

2006年9月30日

9/30 - 遺憾ながら UA に残る件

Q,Sleipnir , Maxthon2.0 などでも UserAgent にそのブラウザの情報が記載されます。現時点では仕様なのでしようがないですがセッションが終了(e.g. IE などで再度確認する)すれば、その情報は UA から消えます。
 大変遺憾なことにセッションが終了しても、さらにさらにアンインストールしても UA に残り続けてしまう残念なブラウザが存在します。

A,自己責任にて消してください。
 レジストリエディタでキーを消します。”ファイル名を指定して実行”から regedit と入力しエディタを起動します。
 通常 UA の情報は HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\User Agent に生成されます。ブラウザがアクティブでないことを確認(すべて終了させます)してください。通常 UserAgent 以下は空であるべきです。何か残っている場合は所謂”ゴミ”という状況になります。ツリーを展開していき何らかのキーがある場合は(.i.e. Post Platform )というキーを削除しコンピューターを再起動します。

Avant Browser 11.0 build 8 (Free ja)

in_!mpg123.dll 1.18y ot112 beta (GPL en,ja)
  AMP 5.3 以降
cPicture LE 1.6.6.2 (Free en)
  スタンダロンビューア

Macromedia Shockwave Player 10.1.4.020 (Free en)

VistaBootPRO 3.0 Beta (Free en)
  BCD (ブート)が変になったらお試しを

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2006年9月30日 21:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソフトイーサ登さんと及川さんの対談」です。

次の記事は「MVP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。