« トラブル・・どなたか。 | Home | Flip 3D ! »

2006年9月20日

9/20

gdi++.dll 20060920 (GPL ja)

Mac OS X のそれと同じくらいボケボケの美しいスクリーンフォントを、Windows にも。
Windows のグラフィック操作の中枢をつかさどる gdi32.dll をインターセプトします。

  なるほど、私のよおなスウィートヴォイス的になるわけですね(><)
  via X-WORKS

Windows Vista Application Development Requirements for User Account Control Compatibility (Free en)
  何故 UAC か?doc
  UAC トゥイーカを作れば売れるかもね。
ZipGenius 6.0.2.1060 (Free en)
  フリーのアーカイバ
MediaCoder 0.5.1-pre8 Build 2582 (GPL en)
  
μTorrent 1.6.1 Beta Build 478 (GPL ja)
  トレントクライアント
freeCommander 2006.06b (Free en)
  ファイラー
Opera 9.02 RC2 (Free ja)

WinMerge 2.5.6.0+-jp-1 日本語版 (GPL ja)
  3つまでマージ可能

コメント(2)

だいさんこんにちは。
UACの警告にもようやく慣れてきたところなのですが、最近警告があまり出ないのを不思議に思い調べてみました。
普段アプリケーションランチャに「ぷちらんちゃ」を使用しているのですが、こいつに管理者権限を与えていると呼び出されたアプリケーションも権限付きで立ち上がる様です。
他のランチャは試していません(^^ゞ
警告が出ないのは楽ですが、もし悪意のあるランチャならと思うと((´д`)) ぶるぶる・・・
権限付きだとアプリケーションにD&Dが出来ないなどの弊害は有りますが、上手に使用すればUACの警告をスルー出来でグットです。

ナルホド!!
子プロセスの呼び出しをアドミニで行うランチャを選ぶ!ってことですね。
これはウロコでした~。
ありがとうございます。
EmEditor で編集後保存するときに権限を呼び出せなく保存できない!なんてこともありましたので UAC の柔軟さはまだ改善されると思うのですが。
くれぐれも悪意タンにはお気をつけを:D

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2006年9月20日 03:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トラブル・・どなたか。」です。

次の記事は「Flip 3D !」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。