« WLM Volume5 | Home | 1/19 »

2006年1月18日

1/18

DivX Codec 6.11 Update (FREE)
Paint.NET 2.6 Beta 2 (オープン、英語)
i.Mage 1.01 (Free、英語)
SSW Diagnostics 3.52 (Free、英語)
RAM Idle Le 1.5.0 (Free、英語)
ZSoft Uninstaller 2.3 (Free、英語)
REAPER 0.45 (Free、英語)
μTorrent 1.4.1 Beta Build 405 (Free、英語)
Blender 2.41 RC1 (オープン、英語)

-----------
本日 21:00 より何かします。再び( -∀-)ノ
はい!注ー目~(・∀・)

>Gmailはご遠慮
の件ですがソースを見てたら、なにやら彼らのアンチヴィルス技術の核心を垣間見た気がしました。今回遅ればせながら中継をさせていただいた折に初めて招待をGmailにて受けたのですがフィッシュ対策もあるのでしょう!招待メールは見るも無惨に「リンク」「画像」共に受信と同時にセパレートされているんですねえ!リンクには途中で改行を入れたり・・・まあ、招待メールの画像はすべて”ADS”属性になっているという事実も無視できないのですが・・・・

-----------
やっつけ作成中で恐縮ですがWMP11などもフューチャーされたVista Transform Pack 3.0のまとめを作成中です。
barlog : VTP3.0

コメント(5)

こんにちは。
VTP3のまとめよりもまとめを作成したソフトが気になってしまった訳なんですが Phobosoft ですか。フランスですか。
いや、だいさんはホントに行動半径が広いですね。感服。
ちょっと触ってみたんですが About ボックスがプルプル動き出したのにはちょっと驚かされました。
なんていうか遊び心があって良いですね。

いーえ、そこに気づいてしまう”お宅もヲタク”なわけで嬉しい限り・・・(爆

で・も正直VTPは何となく形に残したくサムネイルHTMLを生成するハードコア(a.k.a.アンダーグラウンド)なソフトなかったっけ?と思い出したのがこれで・・・遊び心もさることながら2,3項目を入れるだけで作ってくれる秀逸さも持ってますしね。

VTP3.0入れてみたんですが、アイコンやログオン画面など反映されてませんでした・・・
こちらの環境が悪いんですかね(;´Д⊂)

どもですー。
一概には言えないんですが”環境”とも”バグ”ともいえると思うんですー^^;
警告の多さにしてもそうなんですがシステムファイルにパッチを当てることから正式版とは永遠にいえないでしょうし・・・私もその辺は言及してません・・・汗

ただ今回私はサイドバーの有無をインストーラで選択できることから初めてクリーンインストール直後・・・アンチヴィルスすら入れる前に試したんです(思い切ってレビュー用に)!!
その結果私の環境で再現されてないのはブート画面だけって感じですねー。

なるほど・・・
やはりまっさらな状態からが一番いいんですね。
レビュー楽しみにしてますね!

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2006年1月18日 00:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「WLM Volume5」です。

次の記事は「1/19」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。