« 7/16 | Home | 7/19 »

2005年7月19日

Gmailとの喧嘩・・・その後

すっかり公開したと思ってたんですが・・・私留まって公開してなかったんです。

こんな話前代未聞と思うので公開します。

先週Gmailにあらぬ疑いをかけられ一つのアカウントのパスワードを改ざんされアカウントが使えなくなりました。

仕事で使ったり最近メインで使ってたアカウントなだけに被害は尊大です。

で、心当たりは。

いまごろ中身をチェックするプライバシーのぞき見犯罪をGoogleが行ってるとなるとおぞましいのですが・・・近々雑誌の企画”ウイルスソフトNo1は?”で使用するためにお願いして送信していただいたナマのウイルスを添付ファイルにしてため込んでおいたのが原因かと思われます。

Zipのうえに7Zipで固めてあったはずなんですが・・・中身をみているという決定的な証拠ですねえ。

現在かなり多岐にわたって”裏取り”実行中です。その後はわかり次第お伝えしようと。
一応ユーザーの方は頭に入れておいてください。  だい
CaptureWiz.png
ずばりページのタイトルは<tItle>不正使用報告フォーム</Title>

コメント(6)

:cry: 偽装かステガノしたのを超マイナー形式で凍らすしかないですかねぇ?(でもそれで逆に目をつけられ徹底的にされてもなんだし....)

ウイルスチェックのためにソフトウェアでフィルタしているだけだと思うので、
チェックをすり抜けたい場合はPGPで暗号化/もしくはAESで暗号化したZIPでやり取りしておいた方が良いかと。

ccさんopさん、どうもー。
今までRAR圧縮は通用しないと知ってたんですが・・・
何とも奇妙な話ですー。
128や64で暗号化なんてしたら負け!と解釈しておりますのでそこまでする必要はないな、と思ってます^^;

自分もGmailをメインで使うようになってきたから、かなり気になります。 :-(

あらぬ疑いとやらはよくわかりませんが。

自分が管理していないサーバである以上、メールが管理者側に対してオープンであることは当たり前では? また、管理上必要であればメールの内容が閲覧されうるというのも半ば暗黙の了解なのではないかと。それが嫌なら使わない、もしくは自衛するのが正しい使い方です。

ただ今回の件は単純に、意図的にウィルスをコレクションしまくっていて(?)アンチウィルスに異常に引っかかって目を付けられた、て図式のように見えます。

ちなみに、最近のアンチウィルスは多重圧縮対応が普通ですので。

>  さん
こんばんは。おっしゃるとおりですね。自衛とともに自粛を講じたいと思います。
>roppaさん
どうもー。実を申しますと手違いでした。というメールをいただいてるんです。のでアカウントもとりあえず復活はしています。ただ具体的な話はなく半ば強引に話が進んでしまったのでうやむやなままというのが実情・・・パスワードも変えてしまったので・・・ま、喧嘩するほど仲がよい!ってな具合で(爆

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、daisuke osada (長田大輔)が2005年7月19日 10:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「7/16」です。

次の記事は「7/19」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。