フロントバック url scheme tips と共同翻訳の難しさ

昨夜フロントバックで写真を公開する時、最終段階の画面で誤ってSMSシェア ボタンを押してしまいました。

初めてこの機能を使ったわけですがiMessageが開かれてペーストされた文面を見ると、url schemeぽいのがみえます。

フロントバック://ユーザー/5693

はい。他の翻訳者の方が翻訳されたと思うのですが丁寧な仕事であるのは間違いないため、こっそりなおしておきました(実際はスマホからでは翻訳ツールのコメントが入力できなかった)。

するとわざわざベータ ビルド公開の手を止め今朝公開の1.7.3 (1522)に取り込んでいただきました。

ということで確認したのは自分のページへのリンクだけですがFrontbackではurl schemeが使えます。

冒頭に書いたようにポストの最終画面でメール或いはSMSシェアを押すことでご自分のIDを確認できます。書式は以下の通りです。

frontback://users/5693 // 末尾の数字が自分のIDになります

これで上記schemeを提供すればフロントバックが起動し一発で自分のページに誘導できるようになります。

是非ご利用ください!何度もすいません。 dai frontback://users/5693 です。よろしくです。

p.s. 日本語表現では例えばFacebookの「いいね!」など後に超重大なワードになる事象がしばしばあります。

この辺りは本当に議論の大切さを実感するところなのですが一点言い訳を。

僕は数日前、通知オプションの新規項目 を上記を踏まえ「新しい Like」と訳したのですが今日見たら「新しいイイね」と添削されていました ><