FTP代替としてGitを使われる初学者さん、是非(チュートリアル付きクライアント?)gitextensionsを試してみて

gitext-2-4-7-3.jpg

Gitの存在をポピュラーな存在におし上げたGithubがHackableな独自エディター atom を発表しました。

これは単なるツールとしてのエディターをGithubが発表したというより基盤変革の準備が整ったと見て良いのではないでしょうか?

先日拝見した WP-D さんのエントリー

もうFTPを利用することは止めて、Gitを使おう。そのほうがメリットが多いよー

から取り巻く状況はもう一段階前進した状態になったといえるかもしれません。

覚えることはたしかにたくさんありますが文字通り、まずは純粋にFTPの代替としてファイルの転送のみを行うことからはじめれば充分だと思います。

数回使うだけでイメージが掴み易いこともGitの優れた特長のひとつなのです。


Column

勿論理解せずに使うデメリットも確実にあります。

ただ使わなければはじまりません。

Githubなら自分のrepo範囲ならばいくらだって練習できるのです。

是非まずは使うことをはじめてみてください。


私は初学者がFTP目的で導入するならGUIですべてを行えるgitextensionsをお薦めします。

操作も例えばWindows (Mac OS X, Linux版もあります)ならエクスプローラーの右クリックメニューから全作業を行うことができます。

逐一操作時に現れるダイアログには(実はここが強調ポイント!)よく目にするGitのツリー図。これをシナリオ毎、操作に沿った形式でヘルプ画像として左ペインに表示してくれるのです(非表示にもできます)。

これが本当に大きなポイントで数回使えばまずGitの重要ポイントである「概念」をつかめると思います。

そしてWP-Dさんで紹介されているコマンドの数々。

gitextensionsならオプションにて設定すれば操作毎にコマンドプロンプト/ターミナルを表示してくれるという素晴らしい機能があるためGUIで行った操作がどういったコマンドで行われたのかを確認できるわけです。

邪魔でオフにしてたけど考えてみれば入門者には確認用に使えるんですよね。

うーん。チュートリアル付きGitクライアント。。。。カジュアル。。。。。。だけじゃない!

ほぼすべてのGit操作を行えます。

その辺りとプラグインについて次回ご紹介したいと思います。

是非gitextensionsをFullインストラーでダウンロードして使ってみてください。(FullインストーラーにはコアのMsysgit, 差分表示ツールのKDiffなど必要なものはひと通り揃っています。ほぼデフォルトでセットアップを進めれば問題ないでしょう。)