[書評]一歩先のクラウド戦略 - @shin135 さん寄稿

経営層が武器とするべき”クラウド”をどう活用するべきか活用事例をもとに分かりやすく解説してある一冊。

 一歩先のクラウド戦略


内容:

「強い現場」を作る
 「見える化」を定着させる
  「プレミアム」を実現する

 効率化・コスト削減から一歩進めて、「強い現場」を作り「見える化」を定
着させ、「プレミアム」を実現するには、企業はクラウドをどう取り込めばい
いか。富士通、マイクロソフト、ドリームアーツ、プラスアルファ・コンサル
ティングのシステム・ベンダー4社の提供するクラウド・サービスを探査し、
ローランド・ベルガーが中立的な立場から精査・選定をしたシステム・ベンダ
ーを選ぶ実務的なポイントを示す。ITが「苦手」「わからない」で済ますこ
とができない時代に、ITを生業としないビジネスパーソンを対象として、IT
利活用の「勘どころ」を身に付けることを目的においた1冊。


日本マイクロソフト株式会社からは DPE の砂金さん ( @shin135 ) さんが執筆に協力されているというので頂き読んでみました。

強い現場を作る、見える化を定着させる、プレミアムを実現する、効率化・コスト削減から次の段階へ、「クラウド」の本当の価値を伝える 1 冊。

第二章の実践編では「強い現場」を作り「見える化」を実践することでプレミアムとした事例をもとに担当者が解説されている。
ここでの事例は読者に様々な可能性を示すヒントが盛り込まれている。

現場と距離のある経営層が既に IT 用語では無くなっている「クラウド」活用のオーバービューとして読むべき良書だと思います。