IE9 Beta は IE8 を置き換えるので開発/デザイナーは注意、コンシューマーはゴー!

全言語で Windows Internet Explorer 9.0.7930.16406 Beta 1 がリリースされました。

関係者の皆さんお疲れ様です。

[Disclaimer]
マイクロソフトにおいてベータはプロダクト ラインアップ入りを意味するのを知ってはいました。
つまり Windows IE8 は更新されます。

[Prepare]
さてタイトル通りなのですが私自身従来のプラットフォーム プレビュー感覚( IE8 と共存)でインストールをし大物パッチを当てた感覚でリブートするのを不思議に思いながら試してみました。

その後スタートメニューを探すも IE9 がない。

でもなんと無く解ってた。
ログイン時に必殺メイジャー IE 更新時のアレ(左上小窓 - 個人設定を設定しています的な)がでていたから。

一応探し回ったけどない。
タスク バーの IE たんが何故若干薄い色で鎮座してるのかにふれてみる。

ツアーが始まる。
ああ、こんにちは IE9。

ie9-bata-1.jpg

ということで起動。
ひととおり従来アドオンは正常稼働する。

新機能などに触れるのは追々希望を二点。
・ 10 ではど派手なアイコンに変えようぜ。
・オプション画面を引っ張るのは 5 バージョンまでにとどめましょう。

兎に角コンシューマーには高速化、 HTML5 対応などを含め十分お勧めできるマイルストーンとなっています。

是非。