Chrome Web Apps インテグレーションしてみた

gmail-docs-in-chrome.jpg

 

Dev Channel の最近ビルドではレンチ メニューに異彩を放つボタンが統合されている。

ユニファイド ボタン (?) だ。

これはビルトインされた PDF リーダー、 HTML5 ブラウジングのためのクライアント側オペレーションを大きく拡張させる可能性を持ったコンセプトのように思える。

とか考えてたら

TechCrunch の Chrome Web Apps Coming Along Quite Well. Some Already Work

という記事を思い出し有効にしてみました。

これ、ちょっと面倒くさいですが、各 apps ( Gmail, Docs, Cal ) を有効にしてみると

「ブラウザーをデスクトップ化させる!」

といっても過言でないほどエラスティック!

取り急ぎ Gmail を有効にしてみる。あっおー。

・・・謹製独自タブの所作振る舞い。

・・・厳然たる独立した Web App としての威厳を放ちつつチョロメにどうかしてるぜっ

 

gmail-tab.jpg

か、可愛い >3 とっても素敵。

うん!タブにフォーカスをあててローンチさせる。

うんうん。ブックマーク バーもろもろ取り除いたビューで表示してくれる。

これは Docs も有効にしてみたくなる。

さておき、かなり快適なインテグレーションの方法は以下に。

お待たせしました。インテグレーション方法です。

最新 6.0.453.1.dev ビルド, Windows 7, Chrome をデフォルト場所にインストール の場合です。

 

1) お馴染みのイネイブル オプションで起動します。 

  Chrome.exe --enable-apps

  (例、「ファイル名を指定して実行」に→ C:\Users\namae\AppData\Local\Google\Chrome\Application\Chrome.exe --enable-apps

2) レンチ メニュー → Tools → 拡張機能 

3) 拡張機能タブ が表示されますので +デベロッパー モード にします。

4) パッケージ化されていない拡張機能を読み込みます ボタンを押してそれぞれのフォルダーを指定します。

各 Web Apps は以下の Resources フォルダー以下に収まっています(名前、バージョン番号は適宜)。

C:\Users\namae\AppData\Local\Google\Chrome\Application\6.0.453.1\Resources

5) 新しいタブを開き各アイコンが表示されたら完了です。