{Tips 1/3} Notepad (メモ帳) を Notepad2 に置き換える

DPE を紹介しようと思ったのですが下準備に Notepad2 をメモ帳に置き換えておきたいな、と感じたので全三回に分けちょっとした Tips として連載していきたく思います。

第一回: Notepad (メモ帳) を Notepad2 に置き換える
第二回: Notepad2 エンコーディングと Win7 Jump List 登録(予定)
第三回: DPE を使え!(予定)

DPE が何かですって?

・・・。

ご期待ください m(_ _)m

 

barlog-2010-on-np2.jpg

 

**めんどくさがりやさんのためにインストール/アンインストール用 *.reg をページ最下層に用意しました。それぞれ AS-IS にてダブルクリックか右クリック→結合でどうぞ。

大好きなテキスト エディター Notepad2 が 4.1.24 からレジストリ ベースのメモ帳置き換えをサポートしました。
サイトにあるチュートリアルを日本語環境でより実践に沿った形式にいたしましたので是非お使い頂ければと思います。

あ、そして大事なポイント。

これは SFP の効いたモダン Windows のためのトリックで Mark Russinovich (Sysinternals) の” Task Manager (を Process Explorer に)置き換え”に習ったテクニックです。

具体的にはImage File Execution Options キーに "Notepad.exe" を作成し "Debugger" で置き換える・・・はい。いわゆるハイジャック行為で悪用されたら困ります。

秀逸なレグクリーナー(Wise Registry Cleaner 4.x, 5.03)だったりアンチマルウェアが検知してくれる可能性は十分にありますので念入りに C:\Windows\notepad.exe をバックアップして自己責任の下行ってください。


*すべて管理者権限で!!

1) Notepad2 4.1.24 rc 3 (20100227 現在) をダウンロード、解凍します。

2) でてくる Notepad2.exe, Notepad2.ini を C:\Windows フォルダーにコピーします。

3) 管理者権限で起動して各種設定を行い終了します。

Save Setting On Exit (終了時に設定を保存)と次回紹介予定の ”Jump List サポート”用に Remenber Recent Files (最近使用したファイルを記憶)は設定しておきましょう。 

4) コマンド プロンプト で %WINDIR% (a.k.a. %SystemRoot%) へ移動して REG ADD します。

C:\Users\名前>cd c:\windows
C:\Windows>reg add "HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Image File Execution Options\notepad.exe" /v "Debugger" /t REG_SZ /d "\"C:\Windows\Notepad2.exe\" /z" /f

以下のように”この操作を正しく終了しました”となれば終了です。

 

Memo: アンインストールするには

C:\Users\名前>cd c:\windows
C:\Windows>reg delete "HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Image File Execution Options\notepad.exe" /f

で OK です。

np2-replace-np.jpg

 mx-dl-ja.jpg

 

**np2-rep_restore.zip

L notepad_replacer.reg (Install)

L notepad_restore.reg (Uninstall)