Evernote の Sandbox サーバーで Web クライアント日本語版のテストを開始しました。

Evernote Web.pngリソースの中でもっとも強力なストリング数を持っていた Evernote のメインフレームともいえる Web 2.0 クライアント(ブラウザ版)。

いよいよ本流です。
動作チェックを本日より Sandbox サーバーで開始しました。

膨大なリソースに加え GWT フレームワークによって構成されており様々な想定環境により品質監査を行うべきと考えますが、この調子なら当初予定された通りにローンチできるのではないでしょうか?

難しいところでは ”日本語 + English” の画像認識になるのかなあ。

このあたりは重点的に見たいところですね。

画像認識に今後、より広範に応用されるべき音声認識フィーチャーが加わりスタンダードになってくれば世のガジェットはものすごいことになってきちゃう。

はー、テクノロ充。






sb-web-ja.jpg