200 行のコードと Objective-C (環境のみ) があれば立派なネイティブ iPhone app が 48 時間で作成できる。

titanium-mobile

すっかり恒例化してしまった感のある
カンファレンス週間
が終わった。
2 大カンファレンスが披露したキラーコンテンツは瞬く間インフルの如く伝染し、私の周囲でも(特に) G1 (Android) apps 開発の熱が帯びてきた。

この濃い期間に乗るか避けるかは非常に難しい判断でしょうが

Appcelerator Titanium は乗じてきました!

48 hours, ~200 Lines of Code, 0 Objective-C, 1 Native iPhone app

といった触れコミで現地時間 9 日 Titanium Mobile のアーリーアクセス募集が開始されました。

同じくデスクトップ版も大幅改善されてリリースされています。

さきのデスクトップ版で示された Web テクノロジーを駆使し閾を下げたアプリケーション開発手法がそのまま Mobile に適用できれば魅力です。

どちらにしても Mobile 開発プラットフォーム競争の火ぶたは完全に落とされたと言っていいでしょう。