Web5.0で翻訳サービスを旧態にします-Research ESLアシスタント

Live Translator が新たなドメインに移行し、 Research 自然言語処理チームESL アシスタントというサービスがお披露目されました。

ちなみに English as a Second Language
(英語を第二母国語化に!)

ESL は文脈、文法をよりインプローブしたい場合 World Wide Web の実例に照らし合わせて校正を提案してくれる双方にメリットあるツールであるといえるでしょう。

私は将来翻訳という壁をぶちこわす可能性のあるインフラストラクチャーが WWW だけである。

という夢を抱き続けています。

いつの日か精度が完璧になり私たちが SPACE キーを押して変換する動作と同じくらい当たり前のルーティンとしてダイナミックかつ無意識に万人とコミュニケーションできる時代が来るとイイですね。