[Language Excellence]長音表記について見直しが行われています

長音表記
現在カタカナ用語について長音表記に関する表記ルールは以下の通り 2 種類存在します。
・ JIS ルール
 - JIS 用語や学術用語に規定されていない用語について「 2 音の用語は長音をつけ 3 音以上の用語は省くことを原則とする」
 - 自然科学/工学系、および学術論文で採用
 - マイクロソフトで採用
・ 国際審議会ルール
 - 英単語に依存 言語の末尾が -er, -or, -ar のとき長音表記付加を推奨
 - 新聞、放送などがこの『外来語の表記』に準拠

現在マイクロソフトでは上記のように JIS ルールを採用しておりますが Language Excellence Team , 製品チームなどが国際審議会ルールに移行させるべく開発者や市場に対してサーベイを行っております。

一般的には社内文書、製品の UI, マニュアル,スクリプトなどが対象になってくると思います。とはいえ、この計画は始まったばかりで徹底まではまだ時間があります。ぼちぼちこういった動きが出ているよといった程度に認識いただければと思います。、

先にもありましたとおり iPhone を 日本ではアイフォーンと表記したり、これからの著作権時代において大きな影響を与える定義のひとつです。
日本語固有の洗練された表現の一部ではありますが選択肢があることで余計な議論がうまれがち。この動きには賛同をもって迅速な移行に協力させていただきたいと思っています。