Twitter 日本語版を無かったことにする

先日 Twitter の日本語化がようやく施行され既存ユーザーさんの間でも色々な意見
わたしは大抵のプラットフォームにおいてネイティブ言語が利用できることに両手を挙げて賛成で今回もしかり。でもちょっと待って。
文字列が冗長だったり広告が目立ったりするのは気になりませんがアクセスする度に選択した言語が維持されないことに引っかかる。

そんな折り Going My Waykengo さんが
Twitter の言語設定を強制的に英語にするパラメータ
という素晴らしい発見を。

私はブラウザ閲覧中につぶやける twittytunes を頻繁に利用するのでできればこっちにも活かせないモノかと思っていました。

さきほど twittytunes 経由でつぶやくなどしてるといつの間にか en 固定になっていることに気づきました。
あ、改善されたのかと早とちりつぶやきをしてて思い出す。

そういえば昨夜 Firefox の言語設定を en-US にしていたんでした!

IE の場合は en-US に言語変更をすると例えば google.co.jp へ移動すると英語の Google Japan( Offered in 日本語)になりますが
Google Japan in English
Firefox のロケールチェンジは簡潔に言うとプライオリティづけをする感覚で UI が英語になったり閲覧中に支障が出ることはほとんどありません。
同様に毎回言語選択を煩わしく思っておられる Firefox ユーザーの Twitterer は試されると良いかもしれません。

変更は ”ツール” → ”オプション” → ”詳細” の “一般タブ” で行います。
Local Change in Firefx