Plaxo - プラソ(プラチョ)の姿勢に驚いた。

Tech Crunch MIchael (日本語ページ) をはじめ、様々なニュースサイトがラストバウトこと Plaxo を Google が Acq's に達するだろう、と推測記事を報じた。

いわゆるコンタクト管理をコアとしてソーシャル発展してきたシリコンバレーサービスと言えば易いだろうか?


私も過去に何度かサインナップする機会を得たモノの、なかなか日本でなじまない Facebook,Wink,MySpace ぽく踏み込めない?という勝手な先入観に支配され踏ん切りがつかなかった稀な例であったかもしれません。
(ここ半年くらいはそういった新たなサービスを追いかける時間もなくモチベーションも・・・ね)

{
Google Social Graph API
}
先週公開された XFN + FOAF !これが Google と Plaxo を結びつけているという Michael の記事は説得力がある。 何となく Blogger, Writly 買収時の匂いを感じるしコンタクト統合フィーチャーは現在(意図的に?) Google にはまるピースでもある。
でもね・・・単に Google Apps の拡充という話だったら退屈過ぎるのだ!

{ トップページからは計れないサービス }
さて今回漸くサインナップしてみました。私自身が本当に疎かったのかもしれませんが多国語展開臭のないトップページが一歩進むとほぼ完璧な(重要とされる en との同期具合も)日本語サービスがローンチしていたのです。基本的にインハウス?でこれだけの対応ができている * スタートアップはなかなかなもの。

{ miscフィーチャー }
Gmail, Hotmail などなどのコンタクトを一元管理できることはメインフィーチャーなので割愛させていただきますが(無料版でもマイスターに違わぬ秀逸な入出力が利用可能!)、それ以外!ソーシャル面での拡充に驚かされた。
(オプションの多さに疲れてw)ざっと挙げてみると
・ ベータとしているが Twitter との同期は当たり前・・・的な :-)
・ ”Pulse ストリーム”という足跡のような更新トラッキング
・ ビジネスユースとパーソナルユースとを完全別離
・ タスク・カレンダーなどをチームシェア
・ 同級生ディギング
Google になる。ということは無料になる。
と期待はしてますが iddy などのようにディティールまでネイティブ対応(例えば細かい Y! サービスの YJ! 対応)してくれるなら有料でもいけるのでは?
はい。やっかいな部分ですよね。

取り急ぎ kotoriko さんブランドのアバターを Biz, 個人で US 方面用に少しまじめなアカウントを作成してみました。 Twitter でもこういった議論が出たと思うのだけど多国語対応の難しさ・・・ドメイン、ページをセパレートせずローカル言語毎に自動翻訳を介すなどして利用できれば有り難いのですがねー。

 dai.myplaxo.com お気軽に追加してみてください。

Plaxo

* 2001 年にファンデド