おれ本当に見たんだってばー

「Webページの存在証明」サービス キャッシュと日時を保存 - ITmedia News

「Webページの存在証明」サービス キャッシュと日時を保存
Webページのキャッシュと閲覧日時を保存できるサービスが登場した。削除されたり変更されたWebページが、閲覧時点で確かに存在したことを証明できるとしている。

ITmedia に掲載されていたニュース。
いくつかのプロセスを着実に踏み、然るべきパートナーを得ることができれば面白いね~。
茨城大学のラボ研なのだけどもっともっと幅広くアピールしていただきたいプロジェクトとして期待大。
(使い勝手・・・といっても創造乏しき自分にはにわかに思いつきかねて困るのですが、例えば SSL 証明に代表される代替証明としての確立を目指すなら最高でも最低でも VeriSign (になっちゃうかな?)クラスとのディールと文化。
もっとも現代では文化が膨張すればバックアップがついてくるか・・・)

取り急ぎ IE 用と Fx 用のそれぞれがツールバー?として用意されているのでご紹介。
またオンライン検証からキャッシュファイル(キャッシュ URL )と付与する**タイムスタンプファイルを指定することで hoge_html.tst というファイルが Zip に包まれダウンロードできるようになっています。

茨城大学情報工学科米倉研究室Webページの存在証明サービス

** 株式会社PFUのタイムスタンプサーバを使用して生成される TST(タイムスタンプトークン)ファイル