あまりにも若いバルサ

GK 1 ビクトル・バルデス
DF 4 →5 カルレス・プヨル(カピタン)
DF 21 リリアン・テュラン
DF 22 エリック・アビダー
DF 23 ウラゲー(オレゲル)
MF 6 チャビ
MF 8 イニエスタ
MF 20 デコ
FW 10 ロナルディーニョ
FW 14 ティエリ・アンリ
FW 19 リオネル・メッシ

満身創痍のカピタン(キャプテン)がゴルゴルゴル
メシがスーペルなゴラッソ


チャンピオンズ
:シュトゥットガール 0 y 2 バルサ
ダイムラー・シュタディオン

環境がないのでラクウーノ Rac1 で聴いてます。(お聴きになる方はページの en direct というリンクからどうぞ。)
限りなく早口ですがウラゲーなどの現地語アクセントは常時地元局である RAC1 かカタレディオで仕入れています。

上記太字はカンテラ(下部組織)より見守っている目に入れても痛くない我が弟たちw
よろしくね~。

しかし若すぎる彼らの天才ぶりはもとより、ラ・マシアには彼ら並みの技術を備えたジーニアスがうじゃうじゃ出てくると言うから末恐ろしい。

ちなみに私も全く心配してませんでしたがアンリは、ほっといても当たり前に結果を残す子。もちろん現地のボイソス達をみればわかります。これほどスタートダッシュに失敗したデランテーロを温かく見守るのはアンリが特別な存在であることを示しています。