Windows Live SkyDrive Beta ローンチ

skydrive
Live Drive が Windows Live SkyDrive Beta ( 以下 SkyDrive )となって正式にローンチされた。

現時点ではアカウント設定を en-US としていないと使用できないがリソースのローカライズは完了しているので待ちきれない方は Live ID のオプションにて”住まい”を US にすればよいでしょう。一連のサーチ系と同様ロケールは OS より取得しているのでリソースはすべて日本語で提供されます。
(解禁の都合上指定日投稿機能を利用してこれを書いています)

追記:19:00
先ほど CNet さんが日本のオンライン事業部に問い合わせされたところ詳細は把握してない様子も Country/Region (住まい)変更で確認されたようです。
追記時点での正式対応国は米、英、印のようですね。(インドのプライオリティがあがってますな)


さて使用した結果、思った以上にベースのしっかりしたサービスに仕上がっていると認めざるを得ない。
詳細は SkyDrive 詳細ページを御覧頂きたいのですが主な機能として
・すべての人がアクセスできる公開フォルダ
・共有フォルダは Live ID 経由なので安全に管理可能
・すべての転送は SSL で保護される
・アップロード中は退屈しのぎにミニゲームまで用意
などがあげられ既定の容量は 500MB 。公開するフォルダは iframe , パーマリンクでエンベッドすることが可能だ。

どちらにしても多言語で使用できる日はそう遠くはない。
私としてはもう少し違和感なくデスクトップ(ローカル)とのやりとり( e.g. エクスプローラからアクセス)がシームレスに行えればと思うが、Live 展開で予想を超えて仕上がっているサービスを楽しめるのは悪いことではない。

Dai の公開フォルダ

SkyDrive