Popfly : タイトなシチュエーション

一波起きるか
こちらは日曜日の朝と承知で、MIcrosoft のプライマリ Ads 戦略に Popfly が加わったとしてフィードバックを求められれた。

個人的にゴツい期待を寄せている Siverlight の進捗からいって焦燥とも言える Popfly が週明けにもパブリック公開されるかもしれないとのこと。

先週から慌ただしくなってきた Popfly ページでもっとも目立っていたのは UI よりもむしろ若かりしゲイツ氏を掲げた VisualStudio の Ads だった( Favicon も VS 仕様)ことはあまり口に出したくなかった印象だ。

広告戦略における Labs Field としては絶好の環境も Block の所有権、作成済みのマッシュアップに対するライセンスの適用範囲などユーザーの理解が浸透していないようにも思える。

この Rapid な Alpha 脱却プロジェクトには Google Mashup Editor の公開 Beta が近日に迫っていることへの牽制と考えるのが賢明か。
注: Mashup Creater 三つ巴 ( Popfly , GME , Y! Pipes ) は Hoffman の記事がわかりやすい。彼は取りあえず総合力で Popfly としている。一通り浅く使ってみた中では私も同感だ・・・といっても私の興味は断然 Silverlight a.k.a. WPF/E のポテンシャルにあるわけですが。

追記: Mary Jo Foley
も早速

以前まで、こと Google になると(カミングアウトするが・・・)ジェラシーを感じて止まなかった私ですが、ここ最近の Google に対しては落ち着いたものさー。

金星から持ち出してきたような創造性が感じられないのは我々が慣れてしまった(当たり前になっちゃった)から?(ユーザーの慣性を変えるのも劇たるものですが)、 Web = 宇宙ではなかったと証明できた?

GME にしても Gmail Video 公募にしても Google がユーザーに対して(お祭りでも)コンテンツの一部を求めるなんて思ってもいなかっただけにショックなんですよねー。

とにかく次なる土俵は Mashup Editor になるのは間違いなさそう。

完全なる決着なんてつくはずがないだけにクリエイティブ vs サービスという構図を望むのですが 何でもあるビーフ合戦はおもしろみがないよね。