[ Vista Tips ] 第 8 回 ビットロッカーしてる?

BitLocker

#8 ビットロッカーを TPM 外で有効にする

Vista Ultimate のセキュリティ面での目玉機能であるビットロッカー ドライブ暗号化!
デフォルトでは TechNet : Windows BitLocker Drive Encryption Frequently Asked Questions にあるように

・TPM 1.2 以降がサポートされている

とコンピューターが TPM ( Trusted Platform Module ) バージョン 1.2 以降に対応していることを要件としていてコントロールパネルでも、その旨指摘されて TPM のない環境では有効にできないようになっています。


最近になって有料の Tweak ツールなどでこのオプションを実装するものも出てきましたが、ここでは TPM に干渉せずビットロッカーを有効にする手順をご紹介いたします。

手順

1. ファイル名を指定して実行より gpedit.msc を入力して実行。グループポリシーオブジェクトエディタを起動します。

2. 左ペインのコンピュータの構成ツリーを展開し管理用テンプレートBitLocker ドライブ暗号化を選択し右ペインに展開します。(下図左)

3. 右ペインにてコントロールパネルセットアップ : 詳細なスタートアップ委オプションを有効にするを右クリックしてプロパティをクリック

4. ダイアログで有効を選択して適用。(下図右)

以上で準備は完了。コントロールパネルよりビットロッカーを設定します。

GPEDIT GPEDIT-dlg