Vista 本流と Backyard

Vista をテストしたいけどマシンが及ぶかどうか?
Vista が出る頃にはマシンを新調する見込み。

多くのユーザーが Vista に対してこのような印象をお持ちだろうと考えます。

ハードウェアに関しては生来イキモノとしてとらえる性分でして買い時を説くべき術はないと考えていますが「ペインを減らし最高の作業効率を得る」には(私的にも)システム用件を望みたいと言いざるを得ません。

ハードウェアは nV をはじめ本場 TW などで定期的にカンファレンスが行われ多くのベンダー様が呼応してくれてる、じゃあ次は・・・

リリースしてからではネガティブディレイ感さえ伴う、アプレケーション開発が命運を握ると言えましょう。
アプリケーション開発を OS 開発と共に携わって行くには多大な疲弊と労力、根気すら要するかもしれません。アプレケーションによっては XP → Vista では 2k → XP 以上にクセがあり厄介な事項かもしれません。

しかし早期対応という苦痛は我々ユーザーにとって最大級の安心・信頼感を対価として供給してくれることも事実!大袈裟に言えば今後数年のナガレの上でパイオニアと成りうるチャンスであるとすら考えます。

さて、ついチカラが入ってしまいましたが昨日マイクロソフトのパートナーを統括する部署ではソフトウェアアシュアレンス向けとしてバーチャライぜーションフォーマットを公開したほか Microsoft Desktop Optimization Pack がプレスに追加されました。

スタートラインより成功するために夏前からソフトウェア開発に関する動きは本格化しており実は以前にふれた Wininternals (Sys) 吸収もその一環。
(わたしもちょっぴり、お手伝いをさせていただいたのですが・・・汗) SoftGrid をはじめとしたパックにはデプロイメント、デバッグ技術などなどらしい技術が盛り込まれていますよ。
仮想化フォーマットデスクトップ最適化パックについては CNET Japan さんにそれぞれ詳しい翻訳記事が掲載されていますので御覧いただければと思います。

とにかく規模の大小にかかわらず素晴らしいアプリケーションを開発されている方々に多大な期待を(勝手に)抱かせていただいており、勿論これから開発を、と思われてる方にも是非この各データシートを参照いただきモチベーション向上の手助けになればと思っております。

XP 時代には「窓の手」、最近では 「Tweak VI」など代名詞と言える熱いソフトウェアの出現を祈って・・・

コメント

  • say

    Alcohol52%のFree Editionのバージョンが上がっています。