バルサ・クレから観るW杯!

いよいよベスト 16 ですね。
今回の W 杯はバルサ・クレ(熱狂的なバルセロニスタ)な方々にとっては大変幸福な大会となっていることでしょう。
さてトーナメント第一日目では現在バルサに籍を置く 3 人のクラッキが登場します。
その偉大なピボーテと2人のゴレアドールをご紹介しましょう。
・ドイツ vs スウェーデン

偉大すぎるクラッキ=ヘンリク・ラルソン。既に退団を決めていますが決定力といえばこの人を思い浮かべます。日本に一人ラルソンがいれば・・・

・アルヘンティナ vs メヒコ

リーガ初スタメンがリーガでもっとも難しいゲームであるフエラでのクラシコ!(アウェイ=サンチャゴベルナベウ)でマドリディスタから拍手を頂いたという口では到底表現できない 18 歳。リオネル・メッシ!ドリブルするときは間違いなく勝負をしてくれるというクレを飽きさせないクラッキボーイである。他にもエル・コネホ=サヴィオラ、ロナルディーニョの前の 10 番リケルメ、いつの間にかいなくなっていたソリンなど元在籍者もいる。

入団したときは、おまい誰?と思ってた元役不足w今では決してそんなことはないから言っちゃいました。スーペルなバルサに於いて攻撃の起点となっているマリアッチ・ピボーテ・・・・ラファエル・マルケス。バルサの 4 番はある意味 10 より重く私がバルサに惚れ込んだ原因となった偉大なペップ=グアルディオラの代名詞でもありバルサの 4 番とはそれだけ重いが今では十分その重責を担っている伊達男それがラファエル!