MUI - これからの日本語化人のために

Windows 開発統括部 MUI ,MUI続き より
及川さんのブログでこのような記事を目にするとは大変幸運なのですが Vista 以降!において欠かすことは困難であろう”MUI-Multilanguage User Interface”についての記事をパブリッシュしてくださっています。

MUI はVista 世代においてはスタンダードとなるべき多国語言語モデルといえますので現在日本語化パッチを作成されている方も、これから作成したい、または興味があるという方も是非御覧になっていただきたいと思います。

先日来 Vista のベータ版は US 版が続いていていくつかのアプリケーションを自分用にローカライズしている際に気づいたのですが殆どのアプリケーションではフォルダ内に例えば英語版なら en-US というフォルダが付随していて各言語モジュール(.mui)がそこに納められているわけです。

そんなこともあってかこの MUI には並々ならぬ興味を抱いていたのですが・・・(このブログでも意識したりしなかったり 英語 を en などとかっこつけたりつけなかったり:)

及川さんの記事で、あ、これは解りやすい!と私のようなアマチュアでも解る一文を以下に引用させていただきます。つまり Vista では OS 自体に MUI モデルが適用され「ベースOS + 言語パック」という形になる。英語版も en-US として、いちローカライズ となる仕組みです。

Windows XP および Windows Server 2003 では、MUI はあくまでも一部の製品やお客様に利用されているにすぎませんでしたが、Windows Vista ではすべての製品が MUI となります。実は、この説明は多少誤解を呼ぶ可能性があります。正確には、Windows のローカライズモデルが技術的に MUI を利用するようになり、英語版も1つのローカライズ版としての位置付けになるというのが正しい説明になります。つまり、Windows XP/Windows Server 2003 では、MUI は英語版に追加する別パッケージという位置付けであり、実行ファイルや DLL には英語版のリソースが含まれていました。一方、Windows Vista では実行ファイルや DLL にはリソースが含まれていません。英語版も含めて、すべての言語はリソース DLL からリソースをロードします。これが MUI がすべての言語のインフラとして利用されるようになったという意味です。