3/21

Windows Live Messenger Beta 8.0.0566 (FREE)
  ようやくパブリック!じか・ちょくリンク
Opera for Windows 9.00.8303 (Free、英語)
CSS Tab Designer 2.1 (Free、英語)
PC Wizard 2006.1.68 (Free、英語)

****MalWare****
PC-Clean
パソコン遊戯さんの記事より
アンチスパイウェア業界・・・ビジネスとしては大変魅力的なジャンルだと思います。まさにねらい所でしょう。
・・が・・しかし・・・いまだ「大意マルウェア」でアイデンティティは決して確立してはいない・・・つまり隔離するか否か?最終的な判断をユーザーに委ねる方式こそ如何か?と考えるわけです。
また韓国・・・はまだしも中国のベンダーが日本において数字を掲げて「大意マルウェアの驚異」を説くのも如何と思います(批判ではなく中立な考えです)。Googleがフィルターした要因でもある”ポータル・アリババ(CnsMin&
3721/JWORD)”しかり明らかに日本とはマルウェアに対するボーダーが違うわけですから・・・。

最近メールにてスパイウェア関連の質問を頂くわけですが私的な見解で Windows Defender を推奨させていただいております。特別難解な設定も要らず、先日の「最強のアンチスパイウェアソフトとは?」との cnet の記事にもあるとおり Vista リリースに向けてマイクロソフトがかなりの力を注いでいる ジャンルの基盤にある Defender (機能の一つ、ソフトウェアエクスプローラーでは Vista OS のソフトウェア管理機能と統合する予定で何より具体的なライバル社名を明かしたことで今後の「マルウェア定義をリード」てきな宣言を発したようなモノです。)をこれまた 機能の一つである SpyNet と共に走らせておくことは決して間違いでは無い、と Xp ではアップデートパッチ問題が解消されてから強く思う次第であります。(日本語、ドイチェ語版は 4 月になる見込み)

コメント