マスから生まれたRootkitと・・・

Rootkits at the Whiteboard

F-Secure:Weblogからのソースだが発見しても今のところどうにもならないRootkitという存在。
どうしてもセキュリティベンダーの覇権争いというか商業的なにおいがプンプンしてならないというか・・・。まあ位置づけの難しい存在ではありますわな。
そんな中ZDNetWhiteboard Videoを出しました。

TechProGuildのsenior editor、John Sheesley氏が”Command.com”など例に挙げて簡潔に説明してくれるが余計にスッキリしない^^;

Sデフラグなどのフリーソフトを配布してくださっているINASOFTさん・・・9/3日配布版より「JWORDと提携しプラグインの導入を選択できる」そうです・・・
上記のF-Secureブログでも一度話題にあがり(現在は何故か削除)結論から言えば3721CnsMinモジュールは180系、アレクサどころの騒ぎでない悪質さをもつ排除すべきもの!となったようで・・・。
(なおJWORDは別としてINASOFTさんに対しては何の悪意もございません。)

コメント

  • けん

    Whiteboard Videoは見ていないので、スッキリしない部分が分かりませんが、実際にいろいろと使ってみてどんなもんかを味わうのが一番の近道かも。
    http://rootkit.com/

  • だい

    どうもー。
    おもしろいですねー。まだ先になりそうですがVistaの対応によっては流行ってきそうですよねー。
    rootkit.comの左上にデザートイーグル(弾倉50AE)がありますがカスタムメイドにザ・ルートキットというのが確かあったような・・・